スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FJC New Year Special LIVE 2015

印象に残ったことがあったので少しだけ感想を。

ギリギリのタイミングで日帰りを宿泊+朝イチ飛行機に変更したんですが、まさかのその飛行機が資材繰りで欠航になり振り替えるはめになるというなんともドタバタな旅でした。でもオフ会にも参加できて楽しかったのですよ。

さて、1/23・1/31と連続でファンクラブライブに参加したわけですが、どちらのライブともちょっとリラックスしたメンバーの表情が見られて、とても幸せな気持ちになりました。舞台用の表情だけじゃなくて、良い感じに力の抜けた姿というのかな。中でも一番嬉しかったのは、1/31のライブでHIKARUちゃんがとても自然にFJメンバーの隣に並んでいたことでした。随分前の話になりますが、vol.4のアンコールで歌姫6人の「angel gate」の時、おそらくコーラスのみでの参加だからという理由だとは思うのですが彼女だけ列を外れていて。その後も仲が悪いわけじゃないんですがなんだか少し距離を置いているような、そんな印象を持っていたのです。そんな彼女が年末のある雑誌のインタビューで、FJYのライブを経て2014年6月29日のライブでやっと2人に追いつけた気がするというようなことを話していたんですよね。そんなことをつらつらと思いつつ、6人の「everlasting song」を聴いていたのでした。
あと梶浦さんが最後の挨拶で「神様が見守っていてくれる存在であるというのなら、皆さんは神様のような存在なのかなと思います」というようなお話をしてくださいました。「メンバー皆それぞれに頑張っています。そしてどんな感想を持っても良いから、私達の音楽を聴いて下さい。聴いてもらえているということが、何よりもありがたい(嬉しいだったかも?)」とも。今回梶浦さんとWAKANAの間くらいのポジションから結構な割合で梶浦さんをガン見していたわけですが、それはもう幸せそうにキーボードを弾いたりCD発売や追加公演の情報に湧くファンをとっても嬉しそうに見ていらしたりしていて、ここにいることを楽しんでいらっしゃるんだなということが伝わってきました。梶浦さんの作られる世界が好きで、歌姫ズが好きで、FBMの演奏が好きで、ライブに通い詰めておりますが、やっぱり一番好きなのは梶浦さんだなぁと思った次第であります(笑)

さて、貢ぐモノも増えたし頑張って働きましょうかね!

» Continue Reading

スポンサーサイト

Kalafina 7th Anniversary LIVE 2015

とりあえずセットリストだけでも…備忘録代わりに。行きも帰りも移動がギリギリだったんですが、いやーもう行って良かった楽しかった!久々のライブハウスで、ファンクラブライブということもあって3人とものびのびしていた気がします。がっつり「厚い」武道館ライブを本当に楽しみにしているのですが、こんな「熱い」ライブもたまには楽しいですよね♪

» Continue Reading

Kalafina LIVE Tour 2014@グランキューブ大阪

実習も一段落し(まだあるけど)、2ヶ月ぶりに会う人もあり、半年ぶりに会う方もあり、で会場に行く前から盛り上がった今回のライブ。Kalafina単独では去年のクリスマスのアコースティックを除くと実に1年2ヶ月ぶりのライブでした。もちろんアルバムをひっさげてのツアーも楽しいのですが、セトリ的に面白いのはシングル発のライブだと思っておりまして(しかも東京の1Dayだけだったりする)。しかも今回はアルバム名もシングル名も冠さないライブ、間に3枚シングルも出ているし、来月も1枚出るし、新曲いっぱい聴けるかな~とそれなりにうきうきして向かったわけです。

そうしたらまあ、史上最大級に燃えるセットリスト(注:keiさんはドン暗い曲もたいへん美味しくいただけます)だしWAKANA嬢はフルスロットルだしバンメンは豪華だしでたいっっっへん幸せな一夜となりました。梶浦さんもTwitterで手放しで褒めていらっしゃいましたね。東京のチケットもポチっておいて、GJ私な感じです。以下ネタバレしてます。

» Continue Reading

よろこびの待つ、野原へ

FictionJunctionのアルバム「elemental」に「野原」という曲が収録されています。今年のツアーで梶浦さんがMCでこの曲について語っておられたのですが、その内容と不思議にリンクする本を読んだので記事にしてみました。

梶浦さんにとっての「野原」とは、自分の頭の中にある原風景であり、辿り着きたい憧れの場所なのだそうです。ドイツのただっぴろい野原。そこには町が点在していて、自分と家族は1つの車に収まって町同士を繋ぐ道をただ走っている。前後の町からは教会の鐘の音が鳴り響き、曇り空からは教会の尖塔に一筋の光が差している…というようなお話でした。
私にもその「野原」はあって、イギリスにあるハイランドの延々と丘の続く風景(空は曇り空!)もしくはスコットランドやアイルランドの海辺の風景がそれにあたります。行ったことはないんですが、なぜかものすごく「呼ばれる」風景なのですよ。

そして似たようなことを書かれた方がもう一人いらっしゃいました。坂本真綾さんです。ひょんなことから存在を知り、本日読了した「アイディ。 (星海社文庫)」に、「灯台の丘」という章がありました。

たとえば地平線。丘の上の灯台。果てしなく続く一本の道。そういう風景は私の心の中になぜかずっと昔からあり、誰もいない、風の強いその場所にひとりきりで立っている自分という、実際には見たこともないはずの映像が、不思議とはっきり思い出せるような感じがしていた。それは私の中だけにある、自分の場所。(中略)歌詞を書くときにも、常にそんなイメージの中の「ふるさと」を思い描いていた。とてつもなく大きな何かに立ち向かうような、遠くの誰かに見守られているような、そこに帰れば何かが見つかるような……。

そして真綾さんは撮影のため訪れたスコットランドでその風景と出会うことになるのですが。

もう脳内は「よろーこーびのーまつーのはらへあなーたーといーこーうー♪」ですよ。別々の方が同じような感覚を持っていらしゃるのって面白いですよね!というお話でした。

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 FictionJunction YUUKA 2days Special 2014.02.08~09 中野サンプラザ

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 FictionJunction YUUKA 2days Special 2014.02.08~09 中野サンプラザ [Blu-ray]Yuki Kajiura LIVE vol.#11 FictionJunction YUUKA 2days Special 2014.02.08~09 中野サンプラザ [Blu-ray]
(2014/06/25)
FictionJunction YUUKA

商品詳細を見る

人生であんなに雪に降られたのは初めてでした。真っ白な深夜の新宿で、ちょっと笑えてきたことを覚えています。
大きなオフ会に参加したのも初めてでしたっけ。あれから一気に人の輪が広がりましたねぇ。

DVDはまだじっくり見られていないのですが、じっくりYUUKAさんを堪能したいと思います。とりあえず「ひとみのちから」「angel gate」「聖夜」は涙腺崩壊ソング!

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 elemental Tour 2014 2/23大阪

ふつかめ

» Continue Reading

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 elemental Tour 2014 2/22大阪

春休みなのになんなのこの忙しさ!!ということでとりあえずセトリ…

» Continue Reading

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 elemental Tour 2014

YUUKA2days、大阪2days参戦済、大宮名古屋東京出没予定。
感想を書けると良いな…。

Pandora Hearts

「Prallel Hearts」「Contractor」「Pandora Hearts expanded」「The relief」「everytime you kissed me」…っていうか梶浦ライブにおけるパンドラメドレー大好きなんですよ。「Crush」も今野ヴァイオリンヴァージョンも赤木フルートヴァージョンもどっちもおいしくいただける(Yuki Kajiura Live vol.6)梶浦さんクラスタな訳ですが、物語そのものとのお付き合いはアニメ止まりだったのです。しかもかなり伏線が入り組んでいる感じなのになんだかよく分からないまま終わっちゃったな~という印象で。OPは夜更かしして見たんですが、その他の印象がごっそり記憶から抜け落ちていたのです。それでも梶浦さんがとあるキャラが好きなこと、作者の望月先生が梶浦さんのファンであることは知っていて、ず~っと気にはなっていたんです。あと…ぬいぐるみが喋ったり切り刻まれたりするのダメだったんですよ…チェイン(トランプとマッドベイビー)の造作とか…アニメで見てからちょいと苦手でして(^^;)
そんなこんなでスルーし続けること幾星霜。11月の新刊があんまりない&知能検査の実験台になってもらった3,000円の報酬が未使用&レポートのストレスで、なんかがっつり入り組んだ話が読みたいぜ!!という変なテンションで、このタイミングでコミックスに手を出したわけですよ。きっかけはファンブック(18.5巻)に望月先生と梶浦さんの対談が載っていることを知ったこと。最初はファンブックだけ買うことも考えたのですが、いきなりネタバレ読むのもどうなのよと思い、こつこつ(と言っても5冊単位くらいで)コミックスを積み上げてきたわけです。

いや面白かったよ…面白かったんだよ………でも、私は大切なことを一つだけ忘れていたのです。
梶浦さんが音楽提供した作品において、梶浦さんが好きになるキャラの死亡率が異常に高いことを…!!
しばらく立ち上がれる気がしませんorz

そんなわけで以下、全力でネタバレしております。未読の方はバックプリーズ。いや、ホントにネタバレなしで読む楽しみを奪うのはもったいない作品なので。

» Continue Reading

君の銀の庭

あまりの怖さに眠れなくて思わず書いちゃった。
新曲&まどか☆マギカ劇場版新編ネタバレであります。

君の銀の庭(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)君の銀の庭(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)
(2013/11/06)
Kalafina

商品詳細を見る

» Continue Reading

counter
プロフィール

kei

Author:kei
教育系の仕事を経て現在ことばのリハビリ職。本と音楽を愛しています。
→about me

Blog Map

→ご案内。

Twitter on FC2
カテゴリー
傾向
ブログ内検索
FC2*検索可能ワード数は1つです

gooで調べてみる

このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
gremz
最近のコメント
リンク
フリーエリア
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。