スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵コナン「封印された洋窓(後編)」

「ぼくのなつやすみ」CMにてみなみさんセンサー発動。「男と男の約束」なんですって!

最近瑛祐くんのことを考えていたので、彼ばっかり見てしまいました。あー気になるー!!
・そういえばなんでこの人たち、以前住んでいた住人の間取りに詳しかったんだろう?
・被疑者ほったらかしていくなんてー!!>山さん
・「わかった」コナンくんの横顔が大人びていてどきどき
・瑛祐くん怖いよー!!
・そうかー、山さんは蘭ちゃんより怖がりなのか(笑)
・山さん、演技下手そうなのに結構アドリブ利くタイプ?
・「大1」ってなんだろう??あ、「大宮」?
・ミステリーに「抜け穴」と「双子」はルール違反だと思うのですがー…
・今日はコナンくんの横顔が綺麗だな?
・間取りの説明がわかりやすかったです
・「で、殺した理由は聞かねーのかよ」…ああオリジナル。
・ってかこんなに犯人が語るのも珍しいような。
・「メガネのボウズ」コナンくんの専売特許だと思ってたのにー!!
・山さんを止めるなんてコナンくん怪しすぎ…。
・はちみつ入りのおしるこ…うげ。
・次回のお話、見た記憶がないんですよねー。なぜだ。

世界まる見え、クラーク・ケントだー!!

ぽちっ?
ranking
スポンサーサイト

Q-Queen's Park Melody

Queen's Park Melody/Jacob de Haan

「ダンシング・クイーン」?それとも「ロマネスク」をこじつけるか??と考えていたのですが、Band Powerの店長さんが押していらしたのでこの曲を。うーん、どんな曲なんだろう(笑)何か見つかったら差し替えます。

デ・ハーンの曲で私が知っているのは「Ross Roy」かなあ?決してどこぞの少尉と大佐の名前ではありませんよー(笑)派手で好きです。雰囲気としてはマーチちっくかな。

Queen's Park Melody

Ross Roy



ぽちっ?
ranking

P-Paris Sketches

パリのスケッチ/Martin Ellerby

パリの様子を表したという4つの楽章からなる曲。この曲、楽譜とタイミングを覚えるのにちょっと手間取ったのですが、すごく楽しいのですよ?♪

「Saint Germain des Pre’s」
「のだめ」がパリに行ってからというもの、この楽章名を見るたびににやけます(笑)冒頭は不思議な雰囲気なのですが、中盤から盛り上がり、ラストに向かって収束していきます。
「Pigalle」
お気に入りの楽章です。ころころと転がってく感じが楽しくて。街中で鬼ごっこしたらこんな感じです、きっと(笑)「鋼の錬金術師」のサントラの「愛娘」が近いかな。
「Pe’re Lachaise」
冒頭は物憂げな感じ。寄せては返す波のようです。終始ゆったりしていて、美しいです。
「Les Halles」
とにかくきらきらしてます。ぱーっと解放されていく感じといえば伝わるでしょうか?お気に入りは冒頭と中間部後半木管高音が歌うところ、ラストです。




ぽちっ?
ranking

O-Ottorino Respighi

ローマの祭/Ottorino Respighi

レスピーギの交響詩「ローマ三部作」、「祭」「松」「噴水」のうちの一つです。編曲もたくさんあるのですが、一番よく出回っているのは「木村版」でしょうかねー?そう、吹奏楽でよく演奏されていますが、もちろん原典は管弦楽です。

「チルチェンセス」はコロッセオで行われたキリスト教徒への迫害。何があったかは察していただくとして。私はこの楽章にヒステリックなイメージを持っています。冒頭などに出てくる伸ばしの音は鳴らせー!!と言われるし、狂乱して駆け上がっていくところはスライドアクションが大変だし…。ちなみにお気に入りはキリスト教徒が処刑される部分らしい、木管がとっても頑張っているところ。こっちもハイトーンで苦しいんですけどねー。中間部は入るタイミングを覚えるまでに苦労しました。あ、バンダのトランペットがかっこいいです。
「50年祭」は巡礼。うって変わってゆったりした楽章です。中間を過ぎるとちょっとずつテンポが上がっていき、再び大きなフレーズに切り替わります。ここがお気に入り?。最後はHrがかっこいいです。
「10月祭」は…収穫祭とでも言えばいいのか。Tb的にはものっすごい暇です(特に下のパート)。冒頭は結構賑やかなのですが、木管が刻みに入ると出番がごそっと減ります。Clが歌うところは好きなんだけどなあ…。Hrソロ、マンドリンに入ると眠気との戦いに…(合奏中とか)。最後鈴が入るあたりから背筋が伸びてきます(いえ、ちゃんと聴いてますって)。
「主顕祭」はナヴォナ広場での祭り。一番好きです。冒頭のEs.Clのフレーズがまず好き。Tbパート内で表打ち、裏打ちに別れる打ち込みが好き、Tpの後に入れる合いの手も楽しい…などなど(マニアック?)。とにかくころころ曲調が変わるので、飽きません。3拍子のところはメリーゴーランドみたいですし(乱入者がたくさんいますが(笑))、Tbのソロは酔っ払いですし(笑)テンポが上がったと思ったら落ちるし、綺麗に歌っているかと思えば変な動きが入るし本当に楽しいです(やってる方は)。Tpのソロが決まったら、残り2分ほどは突っ走るだけって感じです。やってることは打ち込みなんですけどねー(笑)ところどころで動きが変わるのには要注意ですけど。下からがーっと駆け上がって、最後、Tpと一緒にファンファーレ(?)を吹いたらおしまい。「あー吹ききった!!」という感じです(笑)ものすごく爽快感があります。クラシックがだめ、という人もこの楽章なら楽しめるんではないかと思います。

「ローマ3部作」って何さ?な方のための音源



ぽちっ?
ranking

N?Naito Jyunichi

マーチ・グリーン・フォレスト/内藤淳一

特に思い入れがある課題曲です。もう7年も前(うわあ)のことになりますが、今でもきっと暗譜で吹けるでしょう(笑)勝手なイメージで言わせていただくと、「街路樹の植わった煉瓦敷きの道を自転車で走っている。季節は初夏!」(笑)周りには結構賛同者が多いのですけれど、皆さんはいかがでしょうかね?要は爽やかなマーチなんですけれど。
グランディオーソでテンポが落ちて、そこから再びテンポアップ?クライマックスのところが好きです。

中学時代、私たちの学年がノリやすい体質だったからなのか色々なことをさせてもらいました。2年生の時に下地を作って、3年生で好き勝手やった感じ…?先生が子守のために別室で流していたコナンのビデオに群がって呆れられるわ、夏休みに3年生だけ早起きしてランニングをし、先生が来るまで(鍵が開くまで)暇だからと草引きをしてみるわ、受験勉強をほったらかしてドリルのコンテを書くわ、土曜日の放課後(あったんですよ、昔は…)音楽室でご飯を食べて、ピアノを弾いて歌いだすわ、態度が悪いと一年生を呼び出して注意したら親に殴りこまれるわ(!?)、散々好き放題させていただきました。先生ごめんなさーい(今更…)!!




ぽちっ?
ranking

L?Lord Tullamore(BlogPet)

keiは
指揮者だましをたくらむ方、終わりのMを延々とループさせると楽しいです(笑)
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「cona」が書きました。

M?minshu wo michibiku jiyu no megami

民衆を導く自由の女神/樽屋雅徳 

かの有名なドラクロワの「La Liberté guidant le peuple」を題材にして書かれた作品です。作曲は「絵のない絵本(大好き!)」で人気が出た樽屋雅徳氏。今やコンクールで引っ張りだこですね。

冒頭のSax群の打ち込みがとっても神秘的です。全体で歌いだした後はTbは全音符ののばしなので、歌われれば歌われるほど首が絞まっていきます(指揮者に殺意が芽生える瞬間)…。テンポが上がってから印象的なのはブレーキドラム。金槌で叩くのにもびっくりしたんですが、車の部品ってホントー??Tbなら1stをお勧めしますね!!G(かな?)からのメロディーがおいしいんですvvあーでもEuphのsoloもいいなあ…。
そんなに長い曲ではないのですが、ドラマチックで盛り上がるのでオススメです?。




ぽちっ?
ranking

L?Lord Tullamore

Lord Tullamore/Carl Wittrock

曲は一時期大ブームを引き起こしたケルト・ミュージック。どこか哀愁が漂った感じがかなり雰囲気出てます。
冒頭はパーカッションの打ち込みで始まり、Tp→Hrとメロディーが歌われたあと、静かにテンポアップしていくところが好きでですね(^^)その後メインともいえるメロディーが歌われます(木管大変そうかも?)。拍子はずっと変わらないんですが、途中で3連符が混ざるので変化があっておもしろいです。どんどん前に進んでいく感じで。中間部はうっそうとした曇り空の街、という感じ。TpのハーモニーとObのソロがいい感じで?vv時折鳴るオーケストラチャイムが教会の鐘のようです。クライマックスのところで入るTbの合いの手はおいしいですよ!!
ちなみに指揮者だましをたくらむ方、終わりの部分を延々とループさせると楽しいです(笑)




ぽちっ?
ranking

K-K点を越えて

行進曲「K点を越えて」/高橋伸哉

1999年の課題曲です(うわあ、世紀末(笑))。当時、部員の多数決ではこの曲だったのに、顧問の一声で「マーチ・グリーン・フォレスト」になり、大ブーイングでした。結局その後の体育祭で、顧問に泣きついて演奏したんですけどね(それまでは「ワシントン・ポスト」と「士官候補生」オンリーだったのですよ)。当時Tpのトップ(1st)が最初のファンファーレのタンギングができなくて、なぜか私(Tb1st)に補助が回ってきたのでした。指名されて音程も確かめずにいきなり吹いたら後輩にこっそり尊敬されていたようで(笑)いやだって隣で聞いてたし、みたいな。

前半はTb的にあんまりたいしたことはないんですが(ファンファーレもないですし)、後半にバリバリ出番があります。Tpと一緒に音を刻み、その後はオブリガード(なのか?)。かなり気持ち良く吹けますよ?♪イメージとしてはすこーんと晴れたゲレンデを疾走している感じ、です。間違っても吹雪ではありません(笑)




ぽちっ?
ranking

intaval

吹奏楽曲A?Z、今後の更新予定?。曲名(英語含む)か作曲者のどっちかでひっかかってます。QXYZのネタがある方、こっそり教えてください…。Yはありそうなのにー。

K K点をこえて
L タラモア卿
M 民衆を導く自由の女神 
N マーチ・グリーン・フォレスト
O ローマの祭
P パリのスケッチ
Q (捜索中)
R リバーダンス
S 白鳥の湖
T ドラゴンの年
U 栄光をたたえて
V 朝鮮民謡の主題による変奏曲
W With Heart and Voice
X (捜索中)
Y (捜索中)
Z なければ「くじゃく」

ぽちっ?
ranking

J-Jacob's Ladder to a Crescent

三日月に架かるヤコブのはしご/真島俊夫

関西では名門のK学院大学(実は受験した(笑))の委嘱作品。大学のエンブレムが三日月なんですよ。「ヤコブのはしご」のいうのは旧約聖書に出てくるヤコブが夢に見た天まで届くはしごのことで、天使たちがそれを昇降しているのが見られたという…らしいです。雲間から射す光の筋を指していうこともありますね。

一度このブログにも書いたのですが、この曲とは運命的な出会いをしました。 「中学生の時、私は友達からとある曲の音源(テープ)を借りて聞いていました。しかし、目的の曲の前に2秒ほど違う曲の一部が入っています。何かの曲はわからないままでしたが、繰り返し聞くうちにその「違う曲」もセットですっかり耳についてしまいました。それから6年の月日が流れ、まったく別の団体で演奏会の音源を聞く機会がありました。その最初の曲が…存在すら忘れ去っていた「あの曲」だったのです。」ハイ(笑)

印象としては、きらきらしてます…はい。夜空のイメージかな。美しいメロディーがいろいろなところに出てきます。賑やかな前後も好きだけれど、トリオ部分が好きですね。Euphソロ(?)の後に出てくるTpのメロディーの後ろで鳴っている下降形の木管が流れ星みたいでお気に入りです。
最初に出てくるメロディーがHrの次にTbに回ってくるのですが、せっかくのおいしいフレーズをのぼりきれずに悔しい思いをしましたよ…。




ぽちっ?
ranking

I-In the Spring, at the Time When Kings Go off to War

In the Spring, at the Time When Kings Go off to War/David R. Holsinger

邦題は「春になって、王たちが戦いに出るに及んで」。このセンスが好きvv
現代曲です。変拍子あり歌あり指揮者が調がわからんと叫ぶ場面あり、母親にはよくわからんかったといわれる始末。でも好きなんですよー!だんだんはまりこんでいくんです(笑)
お気に入りはパーカッション+合唱以降。Euphの動きから楽器がどんどん増えていって、高まっていくんです。下からがーっとのぼっていくHrが好きでねえ…(わかるかいな)。3?3?2?2の打ち込みもなぜか好きでした。歌や声の演出があるせいか、楽譜が多いです。Tb的には結構目立つ場面もありますし、特にラストなんかかっこいいので個人的にはオススメ!




ぽちっ?
ranking

H-Hiroshi Hoshina

風紋/保科洋

1980年代の課題曲ながら今でも人気が高いですね。「風紋」というのは砂上に風が作る文様のことで、風が吹くたびにその形を変えていきます。その様子を描いた曲…だったような(あれ?)。
保科先生とは地域的にそこそこ縁があり、何度かお姿を拝見したこともあります。だから「先生」なんですけれども。顧問の先生が教え子だったりもしましたね。
決して派手な曲ではありませんが、「静」と「動」があって、横に流れていくイメージです。お気に入りはクライマックス直前3つの音(だからどれだよ)。




ぽちっ?
ranking

G-GODSPEED!

GODSPEED!/Stphen Melillo

「神の速さ」って何??と思っていたら、「よい旅を!」みたいな意味なんだそうです。とにかく派手できらきらしてて、勢いのまま突っ走って行きたい感じ。中間部のしっとりしたところも素敵なのですが、やっぱり前後のにぎやかなところが好きだなあ。
演奏する時は強弱記号がポイントだと思います。木管やTpはたららったららったららった♪という音形に苦労してましたけどね。お気に入りは、後半Hrにメロディーが回るところのオブリガード…(どこだよ)。



ぽちっ?
ranking

F-For The Next Thousand

For The Next Thousand/Otto M.Schwarz

冒頭からffの全音符。華やかでガツン!とインパクトのある出だしです。スピード感のある前半部とEuphの旋律が素敵な中間部、そして元の主題に戻ってまたffの和音で終わる…。いい曲なんですよ、好きですよ?曲の半分以上を打ち込みに費やし、高音のffには苦しみましたがねっ(にっこり)。
もう一度やりたいかと聞かれれば、ちょっと遠慮したいかもしれない1曲です。Tb奏者の皆さん、この曲は忍耐を試されますよ!(笑)

音源CDは「Time to say goodbye」。演奏はBADEN?WURTTEMBERG WIND ORCHESTRAです(アフィリエイトがなかった…)。

ぽちっ?
ranking

E-Edward・Elgar

行進曲「威風堂々」第1番/Edward・Elgar

「威風堂々(Pomp and Circumstance Military March)」は20世紀に発表され、特に第1番の中間部は「戴冠式頌歌(Coronation Ode)」の終曲「希望と栄光の国(Land of Hope and Grory)」に転用され、英国では「第2の国歌」と呼ばれる存在になったそうです。…以上豆知識でした。
衛星放送でイギリスはロイヤル・アルバート・ホールのプロムナードコンサートを見たとき、観客の方々がこの曲を聴いている姿を見て感動しましたねえ…本当に大切に思っているんだなあって。

この曲を知らない人はおそらくいないでしょう。卒業式の定番ですよね。映画「ブラス!」の最後を飾る曲でもありました(いい映画なんです。オススメ)。有名なのはTRIOの部分ですが、前後は結構曲者です(笑)

余談ですが、映画「ブラス!」は市民ホールでの上映があって、部のみんなで見に行った思い出があります。高1の時にはコンサートにも行きました。S席で(笑)ブリティッシュ・スタイルのブラスバンドにはまったのもこの時だったなあ…。音色が甘?いのです。

ブラス! ブラス!
サントラ (1997/11/21)
BMG JAPAN
この商品の詳細を見る


ぽちっ?
ranking

D-Domu

童夢?Warabe Uta Fantasy?/松尾善雄

忘れもしない、初めてコンクールA部門に出た時の課題曲でした。
2拍子・2拍子・3拍子という独特のリズムを持った、お祭りの縁日のような印象の曲です。この練習のためにボールをついたりしましたっけねえ。メロディーの掛け合いや、ころころ変わる表情が面白いです。2拍3連(2拍の間に3連符が入る)に出会ったのもたしかこの曲でした。セクション練習の時に「先生合いませんーっ(泣)」とか言ったりして。
クライマックスに向かう3連符の音列(Tb)がお気に入りですvv



ぽちっ?
ranking

C-Canterbury Chorale

Canterbury Chorale/JAN VAN DER ROOST

ロースト氏、早々と再登場(笑)だって好きなんですもの。この曲は未だに「最も美しいコラール」と勝手に主張している曲です。英国のカンタベリー大聖堂がモチーフにされたことと(私は英国が大好きなのです(笑))Tbのsoliが美味しいこともあってお気に入りの一曲となっています。なんというか、天に向かっていく感じ?
しかしTb吹きにとってsoliよりも恐ろしいのが最後の和音。pp指定な所もさることながら、3rdの音が低い!!しかも決まらないと目立つ上にかっこ悪い…っていうか曲が終わらない(泣)
演奏時間は7分弱。大阪市音の「スパルタクス」に収録されているものは従来の楽譜にオルガンなどの新要素が加わり、アレンジも少し違うそうです。



ぽちっ?
ranking

B-Beauty and the Beast

Beauty and the Beast/Alam Menken&Howard Ashman

ご存知ディズニー映画、「美女と野獣」のサウンドトラックから。Prologue・Bell・Something There・Beauty and the Beastの4つの曲からなり、TpのsoloとTp&Tbのsoliがあります。(他にもあったかなー?)なんとこの曲、私は3回もやったんです(笑)中学の時は先輩のsoloにうっとり。高校の時は語りを入れて。大学ではメインテーマのみでした。個人的にはディズニー作品の数ある音楽の中で一番のお気に入りですvv
Tbでやった時はsoloのハイトーン、Tuでやった時は下の音が安定しなくて苦労しましたねえ…(^^;)曲自体は楽しいし、ドラマチックに終われるし、万人受けするのでは?

セリーヌ・ディオンの歌っているやつも好きです。



ぽちっ?
ranking

A-Arsenal

以前、アルファベット順に吹奏楽曲を語ってみようという企画をしていまして。ついぞ日の目を見る機会がなかったので、ここでアップします。

Arsenal/JAN VAN DER ROOST

この曲に出会ったのは2年前でした。他大学の友達が吹いていたフレーズに一耳惚れ(笑)「なーんーのーきょーくー!?」とにじり寄って(語弊が…)曲名を教えてもらいました。
あとから知ったのですが、作曲者はヤン・ヴァン・デル・ロースト。中学時代に「PUSZTA(プスタ)」を演奏して以来大好きな作曲家さんでした。「この曲好きだな?」と思ったらこの方の作品だったことが結構あります(笑)

曲の構成は、コンサートのアンコールなんかに向きそうな明るいマーチです。長さは3分ちょっとで、構成も正統派な感じ。いろいろな楽器にメロディーが回るところもポイント高し!マーチをやるとTbは報われないことが結構あるので…。



ぽちっ?
ranking

天使と悪魔

天使と悪魔 (上) 天使と悪魔 (上)
ダン・ブラウン (2006/06/08)
角川書店

この商品の詳細を見る


読みました。ダヴィンチ・コードがさくさく読めたので、大して確認もせずに文庫全3巻を購入したら、結構な量(上331p・中317p・下333p)でした…。本文はもうちょっと少ないと思われますが、それでも久しぶりに大作を読んだな?という感じです。

» Continue Reading

実写

諏訪プロデューサーの日記にも実写のお話が登場していました。

» Continue Reading

ジブリ

hin

先日の「ハウル」はビデオ予約をし損ねた上に途中で寝こけるという失態をやらかしまして、途中までしか見られませんでした。…誰かにDVD借りようかしら。実は劇場で見た時はいろいろと整理できなくて、「よくわからないなあ?」という感想だったのですが、先日原作を借りてから細かい設定を知って、あらためて見るのを楽しみにしていたのです。

残念だったので、このお話で一番愛するキャラクターでも。こちらでお借りしました。ちまちましてて、自力で階段を上がれないところがかわいいったら。

ジブリの美術は素晴らしいなあと思います。


名探偵コナン「封印された洋窓(前編)」

今回は…実は特につっこみどころがなかったのですよ(^^;)まあでもアップしないのも寂しいので、ちょこっとだけ。後半は山村刑事が面白くて仕方がありませんでした。

・園子ちゃん全開ですねー(笑)ノリノリなのが面白かったです♪
・それにしても高校生3人+(見た目)小学生なんて変な組み合わせですよね(笑)
・包帯男の事件、思い当たる人が一体どれだけいたのやら…
・大雨でつり橋が…まあ、なんてタイムリーな。早く梅雨、明けないですかね。
・魔物の演出が怖かった…。
・山さんー!!なんかノリ具合が増していませんか?(笑)やっぱり今泉くんだわ…。

このお話、ミステリー的には反則技な気がしてるので、ちょっと許せなかったりしちゃったりしてます。

ぽちっ?
ranking

夏休みの放送予定

7/24封印された洋窓(前編)
7/31       (後編)
8/ 7ハウステンボスの花嫁(再・1時間SP)
8/14目黒の秋刀魚事件
8/21本庁の刑事恋物語 偽りのウエディング(1時間SP)
8/28トリックVSマジック(前編)

何だろう、この不思議ラインナップは…。8月は結婚の季節ですか??しかし、1時間SPは「トリックVSマジック」(KIDの絵の話ですよね?)だと思っていたのになあ…。それも放映は9月あたりだと思っていたのに。どうしてあの話がわざわざスペシャルになるんでしょうねー?
しかし今年はSP多いですね。先日諏訪プロデューサーがブラック・ジャックの視聴率について言及していらっしゃいましたけれど、そんなに削ってしまっていいのでしょうか。制作が追いつかないとか?決して「10周年だから」とかいう理由ではない気がするんですよね…。

目黒の秋刀魚って落語のあれですか?あー…食べたくなってきた(笑)好きなんですよ、秋刀魚。あー食べたい。

今まで火サス再放送枠だったよみうりTVの16時台に、新番組が入るそうですね。10時台のなるトモ!もなくならないでしょうし、8月の再放送はないんでしょうねー…ほとんど見ていませんけれど、なんか残念。

ぽちっ?
ranking

ダヴィンチ・コード

読了いたしました。面白かったです!こういう物語の作り方をする作家さん、好きなんですよ?。他の文庫も読もうと思います。

途中で舞台がイギリスに渡り、かなり気分が盛り上がりました(イギリス大好きなんです)。そのほかにもニコラ・フラメル(錬金術師)やクロード・ドビュッシーの名前が出てきたり、旧約聖書が出てきたり、「四つの箱」が出てきたりと私にとって心躍る単語が随所にちりばめられていました。本当に楽しかった!

でも、私は特定の信仰を持っていませんから純粋な謎解きとして楽しめましたけれど、信仰を持つ人にとってはとんでもない作品なのだろうなーとも思います。そりゃあ論争にもなるでしょうね。

ぽちっ?
ranking

「ダヴィンチ・コード」と暗号

世間で話題の「ダ・ヴィンチコード」の文庫の上巻を買ってみました。

実はハードカバーの時からずっと気になっていて、でも高いしなあ…と思ってずっと見送ってきたのです。が、遂に文庫化ということで手を出してしまいました。
決定打となったのは昨日の「題名のない音楽会」。バッハが曲中に自分の名前を隠したとか、ヴィヴァルディの「四季」の「冬」の音の並びが表すもの、とかいう話題だったのですけれど、私はそういう遊びが大好きなんですよ?。音楽は「聞いて・演奏して楽しむもの」ですが、こういう解析も楽しいですね。
本の中にも紋章やモチーフの解析が出てきます。私は世界史や宗教史、美術はさっぱりなので(特に美術はペーパーテストの体験すらないため一般教養程度もない)、画家の名前が出てきても作品が思い浮かばないという駄目っぷりですが、結構楽しく読んでいます。それでも今まで美術にあまり興味を持って接してこなかったのが悔やまれますねー。

もう一つ、アナグラム(言葉の文字を入れ替えて別の言葉にする)が出てきます。実は私、「コナン」20巻で「怪盗キッド」のアナグラムを見た時にはまりまして、しばらく人の名前のアナグラムを作って遊んでいたことがあるのです。最初に作った自分のハンドルネームはある方のお名前のアナグラムでした(笑)や、結構楽しいですよ?

続き…買ってこよう(笑)

ぽちっ?
ranking

ニンテンドーDS Newマリオ

はまりました(笑)不器用さには自信があるのですが、何回もマリオを叫ばせつつ何とかやっております。しかし、ボタンを強く押してもどうにもならないことはわかっていてもついつい力が入るので、両手の親指が痛いです(笑)しかし、今のゲームはグラフィックが綺麗ですねー。比較対照がファミコンなのでなおさらそう感じます。
大きなマリオやウツボなどはCMでご覧になった方も多いと思いますが、わかってはいても、ついつい「でっか!」と言ってしまいました(笑)テレサ(幽霊)とか、キラー(大砲の弾)のでかいのも出てきます。
とにかく懐かしくて、扱いやすくなっているのも嬉しくて、楽しく遊んでいます。穴に落ちかけても登ることができるのはありがたいです。うっかり本体を動かして、泣く泣くリセット?なんてこともありませんしね(笑)まだクリアできてはいませんけれども。
ああ、でもたぬきマリオがいないのは残念だなあ…。地蔵が楽しかったのに。


それにしてもマリオを見ると10年前仕様の阿笠博士を思い出して仕方がありません(笑)スーパーマリオ(きのこをとって大きくなったやつ)が特にそうかな?ステージをクリアすると帽子を脱いで挨拶してくれるのですが、その時が一番博士に見えます。

それからミニゲームがついているのですが、その一つにマイクに息を吹きかけてヨッシーを操作する、というものがあるのです…が。現役吹奏楽部員のはずなのに、一度やっただけで頭がぼーっとしてしまいました。吹き方が悪いのかなんなのか…ちょっと情けなくなりましたよ(泣)


ぽちっ?
ranking

ドラマ

えーっと。サンデー公式発売日を迎えて、結構情報が出ています。

YTVのHPではではトップページにリンクが出ています(12日5:30現在)。該当ページはこちら。ストーリーはこちらが詳しいです。

タイトルは「工藤新一への挑戦状?さよならまでのプロローグ?」。位置づけはコナン以前の“エピソードゼロ”とのこと。見事に予想は外れました。完全オリジナルストーリーのようですね。修学旅行だそうで。しかも「誘拐予告」なんだそうですよ。誰だよ新一に喧嘩を売る命知らずは!これでうっかり蘭ちゃんを誘拐しようものなら全力でやられますよ?ただでさえ記述の少ない「17歳の生身の新一」をどう表現なさるのか、怖さ8割楽しみ2割という感じです…。あ、でもトロピカルランドに行く約束で終わって下さると嬉しいです。

キャストは…小栗さんは実は「鋼の錬金術師」のハイデリヒと、「獣王星」のサードの声の印象しかないのです。どんな演技をされる方なんでしょう…。声はとても落ち着いたトーンなのですけれど。黒川さんは初めて見ましたが、可愛らしい方ですねvうーむ、コメントしづらい…。おっちゃんは、もう「陣内小五郎」になると確信しておりますので!何も言うまい。それよりもびっくりしたのが目暮警部が今泉さん…いや違った、西村雅彦さんということです。もう彼は「=今泉さん」として刷り込まれていると言うのに(こら)!!むしろ高木刑事や山村刑事的ポジションのほうがしっくりくると思うのは私だけでしょうか。
しまった、主役ほったからしておっちゃんと警部に注目しそうだ…。

私は普段ドラマを見ない上に原作になるようなジャンルの漫画も読んでいないので、(この間の「探偵学園Q」は団先生と金太と流くんにびっくりしましたが…)こんなによく知った作品が実写になる、という体験は初めてなのです。コナンが漫画でありそこにはキャラクターの「顔」も「仕草」も描かれていて、尚且つアニメ化によって声のイメージも固まっているので、そこに役者さんを当てたところで違和感が出るのは当然だと思っています。ですので、「完全な再現」というよりは、「違和感の少ないアレンジ」を望みます。だってコナンは2次元の作品、役者さんは3次元の人格ある存在なのですから。

あくまでも私の持つ「コナン」の世界観は原作(と自分の解釈)ですので、今回のドラマも「別物」として捉えると思います。大分暗示が必要な気がしますけれど…。こそっと見守ることにしようと思います。

話は飛びますけれど、「今泉君を讃える歌」という歌があるのをご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?あの有名な「古畑任三郎のテーマ」に歌詞が付いているのです。この前ラジオで聞く機会があったのですが、かなり…というかいうかもの凄く面白いんですよ。検索で簡単に出ますので、興味のある方は歌詞だけでも読んでみてください。

あー古畑見たくなってきた…。そういえば観覧車に爆弾を仕掛けて、赤か青かって話あったなあ…。陣内さんがゲストの話もあったはず。

話題がずれたところで終わります。

ぽちっ?
ranking

ニンテンドーDS Lite戦争

私はファミコン世代です。あの白と臙脂のボディに十字キーとABボタンしかないアレです。しかも「欲しい」と言って買ってもらった訳ではなく、「こういうのもできないと」と親が買ってきたという…確か幼稚園の時でした。しかし、もともとセンスがなかったのかはまり込むことはなく(笑)友達にやってもらって隣で見ていることも多かったです。
自分で買ったのは「モアイくん」と「マリオブラザーズ3」、「星のカービィ」でした。「モアイくん」はモアイ像のキャラクターが頭突きで敵を倒したり物を動かしたりするゲームだったと思います。「マリオブラザーズ3」はセーブができなかったため、クッパには会えませんでした(泣)唯一「カービィ」は制限時間なし&簡単には死なない&助走しなくても空を飛べるという不器用な人間にはとっても優しい作りだったので、エンディングにまでたどり着けました(100%クリアはならずでしたが)。あとは友達に借りたテトリスにはまり込んだくらいですかね。

その後スーパーファミコンが出たりゲームボーイが出たりしましたが見向きもせず、ボタンが増えたり3Dになったりしてからは完全に置いていかれておりました。テトリスに特化したキーチェーンゲームにははまりましたけれども(笑)

なのでニンテンドーDSが出たときも「ふーん」という感じだったのです。脳のトレーニングや英語漬けが出ても、まだ見つめるだけだったのです(かなりぐらりときましたが)。が、マリオに負けました。いやあ、人生何が起きるかわかりません(笑)しかし調べ始めると本当に品薄なんですね。どこにいっても「完売御礼」、転売で価格は高騰…まさかこんなにすごいことになっているとは!!こんなサイトもあるようで(頭に「h」をつけて飛んでください)。
ttp://homepage.mac.com/eijiiio/shop/17nin.html
ですが、どうしても欲しかったので(こういう奴がいるから高騰するんでしょうけど)、ソフト抱き合わせ・定価販売のものを楽天で注文しました。まあ「マリオ」だったのでいいかー、と。送料+手数料分不利ですが、大手電気屋さんに探しに行く交通費を考えればそう損でもないんですよね(そもそも市内にない!)。実用的なソフトも多いようですし、結構使えそうだなと思ってます。

早く来ないかな?(遊んでる暇ないですけどね)。

ぽちっ?
ranking

counter
プロフィール

kei

Author:kei
教育系の仕事を経て現在ことばのリハビリ職。本と音楽を愛しています。
→about me

Blog Map

→ご案内。

Twitter on FC2
カテゴリー
傾向
ブログ内検索
FC2*検索可能ワード数は1つです

gooで調べてみる

このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
gremz
最近のコメント
リンク
フリーエリア
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。