スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音をどうしよう

アッ○ルのサポートセンターに勤める知り合いからは「もうサポートしてないよ」と鼻で笑われ、家電量販店のおじさまからは、「て…丁寧に使っていらっしゃいますね」と言われた5年選手のiPod(20GB)。時々起動が危なっかしいのと、充電池がそろそろご臨終になりそうなのと、重いのと…で、定額給付金が入ったら何とかしようと法案が施行されるあたりからずーっと思っていたのですが。なんかSONYが楽しそうなことやってるじゃないですか?今まで容量が小さくて操作性も微妙だなーと思っていたのですが(音楽ソフトも使いにくいし…←VAIOユーザー)、変えても良い気がしてきました。
最初に買ったポータブルプレーヤーは確かaiwa(テープ式、まだ家にある(笑))、その後MDプレーヤーがKENWOODだったか?それが壊れてSonyにしたけど、MDを持ち歩くのが面倒でiPodに浮気したんでしたっけね。高校の入学祝いに買ってもらったMDコンポはほぼ10年になります。昔はラベル書いたり、手打ち入力で曲名入れたりしてたっけなあ(^^;)もうそんな根性ありません。

発売はもうちょっと先みたいなので、研究してみます。
スポンサーサイト

That's the way it is

先日結婚した友人は、悩んで悩んで自分の道を選んだ人。式でこの曲が使われていたのですが、なんとも彼女らしい選曲だなと思いました。歌詞はこちら(別の方がカバーされたみたいですね)。
ザ・ベリー・ベストザ・ベリー・ベスト
(1999/11/13)
セリーヌ・ディオンR.ケリー

商品詳細を見る

「Power of Love」もいいですよ。盛り上がるし(^^)

結婚式で小・中の同級生と10年振りに再会しました。同じクラスになったのは中学の1年だけ。大人しい男の子でしたし、その時に合唱コンクールで一緒に伴奏したくらいの記憶しかありませんでした。新婦自身も卒業後の同窓会で意気投合したということで(2人ともピアノが趣味)、在学時は特に親しくはなかったんだとか。それがまあ、今じゃ吹奏楽をやってると言うじゃないですか!しかも吹奏楽団で知り合ったという彼の彼女は教育の勉強をしていると言うじゃないですか(笑)地元にもちょくちょく帰ってきているということで、今度話をしよう!という話になりました。まさか外に出てから地元の友達が増えるとは(笑)ありがたいことです。

愛する空気

中学の同級生の結婚式に行ってきました。神戸の海とステキな青空に恵まれた式もよかったんですが、中・高の同級生とのマシンガントークが楽しいことこの上ありませんでした。下手したら成人式以来!くらい会っていなかったのですが、驚くくらいあっさり昔のテンションに。回転が速く、よく喋る人たちに久々に囲まれ、エネルギーを使い果たした感があります(笑)
それにしても、結婚式の話題はそっちのけで「新婦の過去(これはありがち、私だけ小学校が別)」「高校の思い出(実は新婦のみ別の高校だった)」「電車のダイヤについて(JR社員がいた)」で散々盛り上がったのはどうなのか。私は電車は乗るのが好きですが。部活もクラスも専攻も違うのによくもまあとは思いますが、ありがたい関係だなぁと思った次第です。遊びたいね?とは言ったものの、きっと会わないままつるっと2年とか経っちゃうんだろうけど気にしない。

そしてやっぱり音楽関係者が多かったです(笑)

幕末機関説 いろはにほへと 絵巻背景宝音盤 其ノ壱

先日学会で拘束中の友人にKIDが!シャオメイが!という迷惑きわまりないメールを送りつけ(笑)、本日会いついでに梶浦さんを布教して参りました。彼女とはアニメ主題歌に関して「音に合わせて絵がくるくると動いていることが大事!」という点で一致をみているのですが、今回のコナン新OPは、お互い鑑賞が1度では済まなかったようです(笑)

…え、NYのシンボルってリンゴなの!??(@NHKニュース9)それってなんてゴールデンアップルですか(笑)由緒は諸説あってぼんやりしているそうですが。

さて。シルバーウィークの交通渋滞のせいでしょうか、なかなか佐○メール便が届かなくてやきもきしていたのですが、本日ネットレンタルのCDが届きました!
幕末機関説 いろはにほへと オリジナル・サウンドトラック 其ノ壱幕末機関説 いろはにほへと オリジナル・サウンドトラック 其ノ壱
(2006/12/20)
深澤秀行

商品詳細を見る


ええと、アニメ見たことないんですが…(ごめんなさい)。

» Continue Reading

名探偵コナン新OP「MAGIC」

最近すっかり見るのをサボってたのですが、久々に愛内里菜さんが登場と聞いて。本編もちゃんと見ましたよ。今のところ犯人とされている彼が同じような歳で複雑な気分になりましたが…。

最初は「あれ?曲調がエンディングみたい?」と思いましたが、すでに歌えるようになっている自分がいます。ええ、HDDレコーダは巻き戻すの楽ですよね(笑)曲(大野愛果さん!)も歌詞も出演者のチョイスもいいな?vと思いつつ眺めていたら、お辞儀をした白い怪盗さんにごっそりときめきを持って行かれました(笑)他にもつっこみどころはたくさんあったのですが、間奏の朝の毛利家&探偵団にほのぼのして油断していたのがいけなかったのでしょうか、あまりに映像と音楽のタイミングがばっちりだったのが敗因だと思うのですが、それにしたってツボでした。あの仕草はひらひらしている彼だからこそですよね?。
他には…
のっけから新一が出てきたのには「おおっ」と思いましたよ。最近彼の出演率高いですよね!
壁越しの電話シーンで「時計じかけの摩天楼」のクライマックスシーンを思い出し、一人にまにま。「電話」と「背中合わせ」というのが、「新一としてのコナン」と蘭ちゃんの関係性の象徴のような気がします。
蘭ちゃん・おっちゃん・コナンのスリーショット、歌詞も気になりますが、背後の油絵?が気になりました(そこなのか)。どっかで似たような絵を見たことがあるような…。
「こうして笑うこともきっと知らないでいた 信じることも分からないでいたかな」に哀ちゃんを持ってきたのが素晴らしい!と思いました。哀ちゃんの微笑みもステキなんですよね!本当に彼女には、幸せになって欲しいです。
「君に出逢えていなければ」が、怪盗さんの次に好きなカットです。高木刑事は面白いことをやらかしていましたが(笑)サビに向けての音の盛り上がりと、キャラクターの「つながり」が感じられる絵で。それぞれの出逢いがそれぞれに何かをもたらしたんだろうな?と深読み?を。
「あの日から変わらない真実を」ここで1話を持ってくるところがまたいいじゃないですか!ウォッカが忘れ去られてますけど(笑)
大阪組登場!「しかたないなぁ」という顔で二人を見送る彼女たちがいい感じ(^^)で、君たちはいつ着替えたんですか?
ええと、最近眼鏡祭なのはなぜでしょうか(笑)少年探偵団がかわいいやら、あんまりぽいぽい投げちゃ開発者の博士がかわいそうやら思いましたが、たいへんイイ投げ上げっぷりだったんじゃないでしょうか!ピアノとのタイミングも合ってましたしね(笑)私的には「眼鏡を外す=新一スイッチON」なんですが。
(白怪盗さんショックのため中略)
FBI、ジョディ先生歩くの早い(笑)そして昴さん、やっぱり謎のままなんですよねー。眼鏡をいじられる度に私は手塚部長(@テニスの王子様)を思い出すんですが…。
前回のお姫様抱っこ、アロハ的衝撃がここに。紅葉で「冬の紅葉」思い出してほのぼのしてる場合じゃありませんでしたよ。切ない展開が待っているのはお約束として、なにしてんの蘭ちゃん!!あーびっくりした。
最後に微笑むコナンくんに可愛いーvと思い、歌詞の上に乗っかった「提供」をちょいと恨みました。最後まで「聴かせて」ー!

多分順番は合ってると思うのですが、何分記憶で書いたもので…(どれだけ巻き戻したんだ)。この曲にこの演出が乗っかったからこそ、どっちもより好きになれる気がします。歌に映像が乗っかるのが主題歌の醍醐味ですよね!
コナンの第1代OP&EDが男性アーティストで、初期のサントラがバンド編成の生音だったせいか、コナンの主題歌には男性バンドがなんとなく合うかなあと思ってます。もちろん女性アーティストの曲も素晴らしいのですが、イメージとして、なんとなく。
そして、どのアーティストよりも主題歌出現率が高いのは、大野愛果さんだと思う次第です。

ところで冒頭のみなみさんのナレーション、「土曜6時はコナンにクイック(急げ)」?でしょうか。「クリック」とも聞こえたのですが、該当する意味が思い当たらず…。

TV鑑賞三題 その1と2。

夜なべをしてアニメを見てました(笑)録画していたので順番はばらばらです。

アニメギガ(NHK-BS)
新聞をぼ?っと読んでいたら、大島ミチルさんのお名前が目についたので(^^)大島さんを知ったのはアニメ「鋼の錬金術師(1期)」でしたが、劇場版含め、正当派クラシック!なところと民族音楽的要素が好きで、鋼のサントラは全部聴いたんじゃないでしょうか。番組を観ながら曲名が思い当たったくらいですから。今の大河ドラマ「天地人」のOPも好きです。鋼については1期の映像も懐かしかったのですが、作品紹介映像の一部にエドと大佐が戦った「軍部祭り」の一部が…誰だ、こんな場面チョイスしたのは(笑)オリジナルな展開も多かったので、懐かしかったです。おおっ!と思ったのは、水島監督による「ブラーチャ」の日本語版・オリジナルの歌詞が発表されていたことでしょうか。おかげでさらにもの悲しい印象の曲になってしまいました。
亡念のザムド」という作品の、音選び(同じ場面に違うBGMをのっけてみるという試みが)も面白かったのですが、私が最も食い付いたのは監督紹介。宮地昌幸氏とおっしゃるのですが、「「千と千尋の神隠し」「犬夜叉」、「名探偵コナン」にも関わり…」という解説に思わず画面に釘付け(笑)検索してみると、350話&351話の脚本と絵コンテを担当なさっていたようでした(この話の作画監督の青野厚司さん、大好きでした)。
あとね、大島さんの関わったアニメ作品の紹介で「風の大陸」が出てきまして、黒髪の女の子が一言だけしゃべったんですが、高山みなみさんだった気がするのですが、願望フィルターがかかっているとも思われるので、誰か私に真実を教えて下さい(笑)だって作品リストに「風の大陸」の文字を見つけた瞬間、映像で作品紹介してくれ!!と心の中で叫びましたから…。
ええと、これで終わるとあまりにあんまりな感想なので…「各国のオーケストラには国民性が出る」「ある時から考えなくても曲が出てくるようになってきた」「音楽は映像と共に記憶に残る」というお話が印象的でした。

「鋼の錬金術師24話 腹の中」
タイトルを見ただけでテンションが上がりましたね!エンヴィーさんが出てきますからね!ということで、みなみさんに骨抜きにされていました。未だにキャラクターと声は合ってる気がするけど、ビジュアルとはどうだろ…とかこっそり思ってますが。いやあ、ステキな凶悪っぷりでした。私だったらよろめくね!(笑)来週は大きくおなりになると思われるのでさらに楽しみです。
もうひとつもっていかれたのはシャオメイでした。あろうことか大佐が顔から引っぺがしてぺいっと投げやがられましたが、コマ送りしてしまう程度には可愛かったですv彼女の中のヒエラルキーでは、大佐はどのあたりなんでしょうかね(笑)

もう1個はコナンなので、記事を改めます。

Piano Pittoresque

葉加瀬太郎さんのニューアルバム
My Favorite Songs(DVD付)【初回限定盤】My Favorite Songs(DVD付)【初回限定盤】
(2009/09/09)
葉加瀬太郎

商品詳細を見る

をショップで試聴したところかなりステキだったので、是非ともこれは借りなければと思いつつ帰宅。梶浦由記さんの作品における今野均さんのヴァイオリンが「思わず黙って聞き入ってしまう迫力」であるならば、葉加瀬さんのヴァイオリンは「聴いていて幸せになる」感じです。で、近所の図書館で別のCD「Sound Cocktail Taro Hakase?Selection?」を借り、

ふと見ると近くにこれが
ピアノ・ピトレスク(デラックス・エディション)(DVD付)ピアノ・ピトレスク(デラックス・エディション)(DVD付)
(2008/09/03)
レ・フレール

商品詳細を見る

新しいアルバムが出ていたことを知らなんだ…。ちなみに昔一度記事を書いたことがありました。今回の「星空」とか「エンドロール」なんて、セレモニーやBGMに似合いそう。でも「エンドロール」を聴きながら思い出したのは、某K○MONの会社紹介ビデオ(笑)BGMがピアノで、就職活動の時に涙ぐみながら見ました。子どもの頑張る姿、それを支えるために頑張る大人の姿ってやっぱりいいわ…

長いこと音楽やっててアレですが、楽器を歌わせることができる人って魔法使いなんじゃないかと思います。

神谷さんについて、ちょっとだけ。

報道を見てから書こうかどうしようか悩んでたんですが…ちょっとだけ。

» Continue Reading

FictionJunction YUUKA ?Yuki Kajiura LIVE vol.#4 PART1?

FictionJunction YUUKA~Yuki Kajiura LIVE vol.#4 PART 1~ [DVD]FictionJunction YUUKA~Yuki Kajiura LIVE vol.#4 PART 1~ [DVD]
(2009/10/21)
FictionJunction YUUKA

商品詳細を見る


いつの間にか予約復活(旧記事に飛びます)してた!ありがとう楽天ブックス!2000円分くらいポイント貯まってたんだ!でも「残り7個です」表示だったのに、注文後は「5個」に(もちろん1個しか買ってません)。どこかに同じタイミングで注文した方がいたんですね(笑)
それにしてもYUUKA嬢、歌うお姿を見るのはPVを除くと初めてになります。どんな感じなのかしら。「circus」収録の「inside your heart」がセットリストに入らなかったのは残念ですが、とっても楽しみです。

リラックスチェア

IKEAのカタログに載っていて欲しいー!と騒いでいたんですが、そっくりさんを無印良品が出すようです。うわあ、どうしよう。
とりあえず、本棚を2本減らしてベッドを移動してか…ら?

あとiPod nanoにカメラがついて、ますます機種選びが難航しそうです。

言葉と音楽をあれこれ。

めっきり秋らしくなりましたね。うっかり布団を放棄して風邪気味です(阿呆)。この夏は梶浦さんにどっぷり浸かっておりましたが、ビバ芸術の秋!来月にかけて出費予定リストがえらいことになってびっくりしております。電車はうるさいから無理だけど、ひさびさにクラシックも聴きたいな。先日ふらっと入ったタワーレコード(試聴機&クラシックコーナーが充実、ヘッドフォンも結構いい音)で「辻井伸行さんのラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番」を聴いて、そんな気分にもなりました。「のだめ」で千秋先輩も弾いてましたけど、この曲迫力があって好きなんですよね。あとはオルフの「カルミナ・ブラーナ」とか。合唱と金管ががっつんがっつんいくところがたまりません…どっちも暗いけど。とりあえず、耳をすっぽり覆うタイプのヘッドフォンが欲しいー!(そこなのか)

まず本から(リンク先はamazon.co.jpです)。

・「大人になるということ。/石田衣良」
もうね、PHPは何してくれるんだと思いましたね(笑)立ち読みして、編集した方とわかり合えそうなら購入予定です。価格設定が微妙なんですけどね…カラーが多いのかしら。石田作品のいくつかのフレーズは、私も手帳に書き抜きしています。気持ちを言葉にすることが苦手な私にとっては良い教科書ですね。
・「親指の恋人/石田衣良」
この作品も文庫化ですか(^^)好みで言うと、同じ「出会い系」から始まる物語なら「REVERSE リバース」がいいかなあ。

あとはおそらく9/30に「落第忍者乱太郎46」11月に野梨原花南さんの新刊が出るようなのですが、それぞれ公式情報が探せなかったのでスルー。でも楽しみだー!

では音楽関連。

・「FictionJunction YUUKA?Yuki Kajiura LIVE vol.#4 PART 1?
睡魔に負けて、楽天で予約し損ねました…くっそぅ(昨日締め切りだった)。DVDに関してはどうやら予約するのが一番安そうなので、amazonで買おうかと思ってます。ちなみにPART2は12/23発売予定とのこと。美しいに違いない、「Parallel Hearts」と「水の証」が聴きたいんだ!
・「progressive/Kalafina」
シングルは買わないつもりだったのに…ライブDVDがついてくるなんてそんな!と、まんまとソニーの思うつぼです(笑)amazonなら15%オフだそうですよ(回し者ではありません)。

それにしても、あまりライブDVDというものに全くと言っていいほど関心がなかった半年前の私からしたら、大爆笑モノの変わりようですね(笑)いいんだ!幸せだから!1月のとある日にうっかり夜更かしして(次の日仕事が休みだった)黒執事のアニメを見なければ、エンディングテーマがその日に変わっていなければ、インターネットという便利インフラがなければ、と思うと、恐ろしさすら感じます。10年ちょっと前にTWO-MIXにはまった時(当時はガンガンCDを出していた)なんて、情報源はCDショップのチラシくらいしかなかったんですもの。もう今は閉店しちゃいましたけど。
CDの買い方も、近所のショップ→生まれた時からお世話になっている書店のCD部門→下宿先近くのTSUTAYA→amazon・楽天と変遷してます。だって受け取りめんどくさいんだもん!お陰で実家に帰ってからは、親に「また郵便物来てたわよ」と言われる羽目に(笑)
本はもっぱら図書カードで購入。発売日に買いたくなるので、書店はばらばら。カードは「お一人様10枚限定、1000円分が955円」という金券ショップでまとめ買いです。いちまんえんぶんというとたいそうな金額に聞こえますが、かなりあっさりなくなるものです…。

爆笑問題のニッポンの教養

@NHK。週末に放送してくれればいいのにと思いつつ、眠気と戦いながら毎週見てます。で、先週は坂本龍一さんだったんですよ。丁度出張だったので、録画して今日見たんです。なんというか、もう、大学の授業みたいでね(笑)サウンドスケープ(学会があるんですね)とかジョン・ケージの音のない音楽とか、民族音楽とか、懐かしいな?と思いつつ。美しいと感じるかどうかは別として、面白いなとは思います。古代の教会音楽とかね、絶対好みなんですよ(笑)歌詞が記号に聞こえる感覚にも納得です。私、油断すると言語も音楽に聞こえるんです。だってリズムと抑揚があるんだもの。だもので、歌詞を味わうためには、歌詞カードを持って「ちゃんと」向き合うしかありません。要するに言語を捉える感覚がザルなんですな。ごめんなさい、世界中の作詞家さん…。
おかげで梶浦さんの「梶浦語」作品はとても楽です(笑)

話は脱線しますが、生演奏のあった「Merry Christmas Mr. Lawrence」、やっと曲名と曲が一致しました。「キス」というマツモトトモさんの作品でちょろりと出てきて、でも「戦場のメリークリスマス」も見たことないし…程度のお付き合いでした。良い曲ですね(笑)坂本さんが演奏される時に纏われている空気も好きです。
あと、少しだけ流れていたYMOの「TECHNOPOLICE」。TWO-MIXが「RHYTHM FORMULA」でカバーしていたので。こんな感じのサウンドも好きな方向ではあります。

「池袋ウエストゲートパーク」と「息がとまるほど」

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7 (文春文庫 い 47-11)Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7 (文春文庫 い 47-11)
(2009/09/04)
石田 衣良

商品詳細を見る

年に一冊なので、うきうきしながら書店へ突撃して参りました。放火犯の少年の立ち直りの話が好きです。アート詐欺は、昔三ノ宮にも怪しい人たちがいました。ええ、非常に呼び止められがちな(カモに見えるのか…道もよく聞かれるけど)ワタクシ、断固拒否した覚えがあります。アートは相応しい場所にあってこそです。

で、その隣で見つけたのが「息がとまるほど」。唯川恵さんは未読なのですが、思わずジャケ買いしそうになりました。画像付き出版社のページはこちら。もう、写真を見た瞬間にわかりましたよ。切り絵作家の蒼山日菜さん!先日たまたまBSの特集で拝見しまして、あまりの精緻なお仕事っぷりに母と二人「すごいね」という言葉しか出てきませんでした。ハサミで切っているところを映像で見ても尚、信じられない…!所有は無理でも、写真集とか出ないかなあ。ネットの恩恵で、HPの画像をうっとり眺める日々です。

昨日はついでにアニメイトとコンビニに出撃し、図書券と楽天ポイントで「鋼の錬金術師」を3冊ゲットしてきました。友人に借りて読んでいるはずなのに、あまりに内容を覚えていない自分に絶望した!やっぱり大佐が好きだなあと再認識した次第です。
counter
プロフィール

kei

Author:kei
教育系の仕事を経て現在ことばのリハビリ職。本と音楽を愛しています。
→about me

Blog Map

→ご案内。

Twitter on FC2
カテゴリー
傾向
ブログ内検索
FC2*検索可能ワード数は1つです

gooで調べてみる

このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
gremz
最近のコメント
リンク
フリーエリア
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。