スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライングゲット♪

AKBではありません(サビくらいは歌えますが)

海外サイト恐るべし…ということで、とある音楽ファイルをローテーション中な深夜でございます。ホント今作はかっとんだ暗い曲が多いな~♪←褒め言葉
今からコーラスは誰だクイズをして楽しんでおります!←歪んだ楽しみ方

空の境界→重い→(ちょっと)爽やか→えーっと…なんて言ったらいいかな。
取り込むのに時間がかかりそうなので、言葉には今のところできませぬ。
とりあえず2と7と8が耳に残りました。おかしいな、一番楽しみにしてたの13なのに(笑)

そんなこんなで週末まで生き残れそうなら感想書きます。
スポンサーサイト

転がり落ちる系譜

Twitterでヒットチャートはまるでわかりませんな発言をしましたが、一応中学生~大学生くらいまではいわゆる音楽番組は見ていたような気がします。「夜もヒッパレ」→CDTVかなあ…。今は本当にさっぱり分かんないんですけどね。

音楽はきっと物心つく前から好きだったのですが、ピアノを専門にやっていた従兄姉たちの影響でクラシックが先でした。そのあと初めてCDラジカセを買ってもらった時に買ったシングルが「晴れてハレルヤ/奥井亜紀」。これが10歳くらいの時でした。なんかもうこの時点でアニソンという、ね…。
その直後に「名探偵コナン」のアニメが始まり、ドはまりし、「名探偵コナン主題歌集」あたりが増えてくるわけですが…。コナン主題歌の中でも一番影響が大きかったのはTWO-MIX小松未歩さん、GARNET CROW愛内里菜さん。学生時代はほぼこの方たちで完結していたような気がします(笑)コナンに数多く曲を提供されている大野愛果さんについては、アルバム2枚とも持ってますし、ZARDB'zあたりもちょくちょく持ってますね。
忘れてはいけないのが、中学の時に出会った友人たちからの営業。林原めぐみさん、坂本真綾さんは複数の人にいろいろなタイミングで薦められましたっけ。これ以降林原めぐみさんのラジオを聞いているので、スターチャイルドには詳しくなりました。
そして高校時代に友人から地元ではネットされていなかった「TV東京系アニメ録画テープ」が回ってくるように…。「スパイラル~推理の絆~」「テニスの王子様」「ヒカルの碁」「シャーマンキング」あたり、よく見ましたねぇ。特に「テニスの王子様」では声優さんの名前を覚え、CDが何枚かラックに並ぶこととなりました(笑)
そして保志総一郎さん大好きな友人に勧められたのが「ガンダムSEED」。高校生→大学生の頃でした。ロボットアニメにほとんど興味を示さない私にしては、奇跡的に最後まで見続けました。T.M.RevolutionSee-Sawはここで知りましたね。
ちなみに大学生になってから、吹奏楽の音源がどっと増えました。弦楽器で眠たくならなくなったのもこの頃。それまで弦=眠気だったんですよね(^^;)
そして大学生も中頃のある日、坂本真綾教の友人が「久しぶりに菅野よう子さん作曲で真綾さんがED歌うから観て!!」と「ツバサクロニクル」を営業してきました。それなら…と見たはいいのですが、話がよくわからなくてほんの数話しか見てないような…。でも1曲だけ、わくわくするような、素敵なBGMが心に残っていたのです。そのBGMはほかの番組でも使われていて、聞く度にいい曲だな~と思うものの、出典が思い出せずぐるぐるしておりました。そんなこんなで1年くらい後にもう一度ツバサを見た時に、このアニメの曲だったんだ!!と再発見してTSUTAYAへサントラを借りに走ったのでした。その時に借りたのが「 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I」。「believe」がその曲でした。ちなみに恐ろしいことに、この時作曲家の名前も知りませんでしたし、サントラのほかの曲はよくわからなくてスルーしてました。
そして時が過ぎることしばし。本屋さんで見つけた「黒執事」の設定にハマり(ヴィクトリア朝イギリス、執事萌え)、アニメもやっていることを知りました。しかしその時はすでに仕事をしており、木曜の深夜なんかにアニメを見ていたら次の日出勤できようはずもありません。しかしたまたま、本当に偶然にも金曜日が休みになったある木曜日の深夜、夜更かしして観たアニメで事件が起こります。本編はすでにオリジナル展開でしたのでよくわからなかったのですが、EDがKalafinaの「Lacrimosa」だったのです。呼ばれるように、一発で恋に落ちました(笑)恐ろしいことに、その日EDが変わったばかり、あまりに衝撃過ぎて曲名も歌手名も覚えておらず、「黒執事 ED」でネット検索しても引っかからず、数日後に動画サイトにアップされた映像でやっと誰の何の曲なのかが判明したのでした。時は情報化社会、んまあとりあえず歌手名は検索しますし、部活柄作曲家にも興味がありましたので、当然「梶浦由記」さんというお名前もググりますよね。そして…あ、See-Sawと「ツバサクロニクル」のサントラの人!!という衝撃の事実発覚。林原めぐみさんにも楽曲提供されており、ああもうハマる運命だったんだな…と遠い目になりました。
そして某動画サイトには「Seventh Heaven(期間生産限定盤)」のライブ映像やら、「Yuki Kajiura LIVE 2008.07.31」やらのライブ映像がアップされていたわけです。正直それまでライブ=臨場感を楽しむもので、音程や正確さは二の次だと思っておりました。あんまり好きじゃなかったんです。ですが、「oblivious」や「Everlasting Song」のパフォーマンスのとんでもないこと。期間限定生産のうちに件のアルバムを買った私は偉かった!そのあとはもう、転がり落ちるようにサントラを借りーのポイントをためてはCDを買いーのDVDを買いーの…。ライブ参戦は2010年のKalafina。初の大阪公演でした。どっぷりはまってファンクラブにも入り、今に至ります。ちなみに副産物として?梶浦さんが関わったアニメも見るように。「魔法少女まどか☆マギカ」も「Fate/Zero」も「空の境界」も、きっかけがなかったらきっとハマりませんでした
そして「The Works for Soundtrack」が発売になり、ブックレットにKOKIAの名前が。それまで彼女に関する知識と言えば、オリンピックの曲を歌っていたことと、大学の学祭にゲストで来ていたなということくらい(ちなみに在学時のゲストは愛内里菜さん→KOKIA。入学前にはGANET CROWという、スタッフとお友達になりたいラインナップでした。がっつり部活やってて見られませんでしたが)。まあ当然検索を…以下略。女神ヴォイスにハマるよね。コンサートも行っちゃうよね!ということで今に至ります。

ほかにも「TITANIC」でCeline Dionにハマったり、荒川静香さんのエキシビジョンでCeltic Womanにハマったり(もともとケルト音楽が好き)、葉加瀬太郎さん+今野均さんでヴァイオリンに惚れ直したり、歌姫繋がりで岩崎琢さんのCDを借りてみたりもしていますが、大体吹奏楽・コナン関係・梶浦さん周辺でぐるぐる回っている日々です。
counter
プロフィール

kei

Author:kei
教育系の仕事を経て現在ことばのリハビリ職。本と音楽を愛しています。
→about me

Blog Map

→ご案内。

Twitter on FC2
カテゴリー
傾向
ブログ内検索
FC2*検索可能ワード数は1つです

gooで調べてみる

このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
gremz
最近のコメント
リンク
フリーエリア
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。