FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の銀の庭

あまりの怖さに眠れなくて思わず書いちゃった。
新曲&まどか☆マギカ劇場版新編ネタバレであります。

君の銀の庭(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)君の銀の庭(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)
(2013/11/06)
Kalafina

商品詳細を見る

新劇場版は観たかった方向性のストーリーではありませんでしたが、私にとってはああこれもアリだよなと思える話でした。ただでさえ思春期の女の子なんてひとつの物しか見えなくなって思い詰めがちなのに(リアル中2時代、ホント色々ありましたとも…友人sは忘れて欲しいだろうけど覚えているとも)たった一人で抱え込み続けてたらそりゃあ壊れもするよね~と思いましたです。世界の理を書き換えて、その先の話も気になりますが、とりあえずエンディングを迎えて狂気怖えぇぇ!と客席で戦いていたかつて14歳だったお姉さんと化してました。さやかちゃんが想像以上に大活躍だったとか、べべ可愛いよべべとか、べべとなぎさちゃんが出てきて「そういえば魔女の元は魔法少女なんだよね」と再確認したとか色々あるんですが、ホント感想としては「怖かった」というのが一番大きいです。納得のいかないラストではなかっただけに、それだけが残ってしまったというか…。
怖かったポイントは3つ、魔女退治の時の子どもの歌(耳から離れない)、綺麗すぎてぞっとする背景とほむらちゃん、そしてエンディングの「君の銀の庭」です。ちなみに挿入歌の「misterioso」では感極まってました。どんなにあかるい場面で流れるかと思ったらあんな場面だなんて…盛り上がりハンパないじゃないかちくしょう!←褒めてます。きれいすぎて怖い、かわいいのに怖い、のは梶浦さんの十八番だと勝手に思ってますが、あかるいのに怖い、「君の銀の庭」ホント怖いです。劇場版がなければ「屋根の向こうに」を彷彿とさせるAメロの明るい曲なのに、崩壊していく世界を背に微笑んでいるので、背筋が寒くなるのです。閉じ込められた鳥かごの中だけ優しい世界で、外は嵐、みたいな。Twitterでは「あかるい狂気」だと書きましたが、歌詞もPVも反逆の物語にハマりすぎて涙目です。ちなみに一番ぞっとしたポイントは2番サビの「君は気付いているかな(WAKANA)」でしたよ…久しぶりに「何を歌っても悲劇になる」歌姫の真骨頂をみました。「Magia」のような目の据わった怖さよりも、こういう怖さのほうが夢に見ますね…。
すでにシングルが出る前に延々ループしてしまったわけですが、残された「追憶」もきっとまどか☆マギカの世界に触れた曲だと思うので、戦きながら待っていたいと思います。ああでもライブの「未来」が明るさしか感じないように、ライブでなら楽しく聴けるかもしれないですね。

BGMはアコーディオンとほむらVSマミさんのバトル曲とマミさんのテーマのアレンジが良かったです←やっつけ感想
関連記事
counter
プロフィール

kei

Author:kei
教育系の仕事を経て現在ことばのリハビリ職。本と音楽を愛しています。
→about me

Blog Map

→ご案内。

Twitter on FC2
カテゴリー
傾向
ブログ内検索
FC2*検索可能ワード数は1つです

gooで調べてみる

このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
gremz
最近のコメント
リンク
フリーエリア
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。